パーキンソン病になると介護が必要になる場合もあります。パーキンソン病は脳の病気でもありますから、いろいろな神経に影響を与え、日常生活において支障をきたすケースが多くなるからです。

中でも歩行、食事、入浴、会話などでは他の人の手が必要になってくると思われます。

パーキンソン病の場合、介護者も注意しないと、どうしても感情的になったり、なんでもしてあげ過ぎてしまうこともあります。

感情的になって怒ったりすると、介護を受ける側としては、精神的にダメージも大きくなり、より消極的になってしまい、パーキンソン病の改善にはよくありません。また、無理に励ますことも、精神的に追い込むことにもつながります。

逆に何でもしてあげてしまうと、介護を受ける人が動かなくなってしまって、身体機能が低下してしまうので、なるべくは本人に動いてもらうということもパーキンソン病の介護には必要な視点ではないかと思われます。

パーキンソン病の介護の場合、理想としては静かに見守りつつ、できる事は自分でやってもらうという姿勢が介護をする上では必要なポイントであると思われます。

歩行の時に介護に関しては、リズムをとってあげると歩きやすくなります。なるべく本人の足で、注意が必要な時は軽く支えてあげると良いのではないかと思われます。

食事に関しては、なるべく患者さんが自分の手で食べられるように、高さを調節したり、食べ物を細かくしたりする配慮が必要であると思われます。

入浴に関しても、自分で手が届かない部分に関しては手伝いますが、できる部分は自分で行なってもらい、注意して見守るという姿勢が大事です。

話すときは、目線を合わせて、ゆっくりと聞き役に回ると良いと思われます。

パーキンソン病の介護は難しいと感じるかもしれませんが、自分ひとりで抱え込まず、使えるサービスも利用するようにして、介護者の負担も軽減することも必要になります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。