パーキンソン病は、非常に多い病気で、日本でも15万人ほどの患者さんがいるといわれています。

パーキンソン病の発症年齢は50代から、60代の人に多いと言われていますから、これらの世代は日本では多い世代でもあり、今後もパーキンソン病を発症するという傾向は世代の人口に比例して増加傾向にあると思われます。

このようにパーキンソン病は多くの国民がなる可能性がある病気でありながら、具体的にどのような病気であるかと言うことについては、あまりイメージが付きにくいかもしれません。

パーキンソン病はどのようなメカニズムでなるかというと、脳の黒質という部分が死滅することによって発症する病気であるといえます。

黒質という部分がが死滅するとどうなってしまうのかというと、脳の神経伝達物質であるドーパミンが不足するので、身体的、精神的な部分に様々な症状が現れます。このドーパミンと言う物質は脳内で様々な働きをしている神経伝達物質ですから、これが不足することにより、様々な症状が現れるようになります。

特にパーキンソン病の症状で有名なのは手のふるえや足の震えですが、それだけでなく他にも身体的な症状があります。

また、手足の振るえなどの身体症状に加えて、うつ状態になったり、幻視や記憶力の低下などの精神症状も現れる場合があります。

これらのパーキンソン病の症状を抑えるために、治療法としてはまず薬物による治療を行なうことがパーキンソン病の治療の中心になってきます。

今までは、パーキンソン病になると、最終的には寝たきりの状態になるといわれていましたが、薬も良くなってきており、症状を改善することが以前よりも可能になってきているといわれています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする